読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうでもいい話。

20代後半こじらせてる人のどうでもいい話

あの頃の私と今の私と面接の話


小学6年生の頃、20歳になったらきっと美人になっている。そして好きな人と……ウフフと12歳ながらに考えてたあの頃。

20歳になってからはその夢は叶わずとも、若さがなんとかしてくれたハズ。全部勢いだよね(特に何もなかったが)なんとなーく仕事してる感じ。

職場の先輩は24歳~28歳の人がいて、すごく大人びてた。仕事もバリバリできるし、一人暮らししてるし。


今その先輩だった人達の年齢だけど、自分の子供っぽさよ。

自分が昔思ってた20代後半って大人女子なのに私お子様女子やんけ……という残念なお知らせ。

たぶん学生くらいのノリで私は生きている。大人にはなれてないね、コレは(笑)



そんな学生ノリのニートがやっと本格的に就活を始めたのである。

面接をしに行ったけど、支離滅裂すぎてワロタ。すごい恥を晒してきた、なんかもう色々恥ずかしすぎて、採用だったけどお断りした(契約社員だったし後悔はしていない)

面接が面白すぎてネタにしたい所だけど、さすがに怖いから書かないでおく。






一生遊んで暮らしたいけど、この無職生活で色々学ぶこともあったよ(笑)

社会人の時はなんとなく言われるがまはま仕事してたけど、ニートになってやっとお金の大切さを知ったよ、ありがとうマネー。


腰を痛めてしまってここ1週間まともに動けなくて、家でほぼ寝たきり生活してるけど、どっから入ってきてんだこの花粉は。痒くて辛いし、鼻がムズムズする。

くしゃみは腰痛の天敵だからホントに勘弁しておくんなまし……。


まあそれでもハロワに行ったり面接に行ったりはしてるけども。

簿記とかの資格ないと事務職は難しいね~ってハロワの人に言われるよ。

高校の時は、一応商業とか情報コースだったから勉強もしてたハズなんだけどな……。唯一とった資格がワープロ検定だよ、なんだよワープロ検定って……トホホ