どうでもいい話。

ブログ前半はこじらせてる内容。後半からは奇跡的に彼氏ができてから浮かれてる内容

ガラケーってなんの略だっけ

Twitterによくある、カップルアカウントってなんぞ。
共有するのに恥じらいは無いのかなと思う。

私の中学時代はいわゆるガラケーが普及してきて、メルアドを交換して気になるあの人とドキドキメール(笑)なんかしちゃったり。そしてやたらとチェーンメールが流行っていた。自分で作ってあたかも回ってきたかのように、相手に送ったりもした(笑)

メールするしかやる事がなかったのに、パケットのリミット制限を喰らうとただの電話と化す恐ろしさ。

そんな流行りのチェーンメールで、地元の新聞にも載る程、話題となったメールがあったのです!

〇〇県に△月□日に震度7地震が起きると、有名な予知能力者が言ってました!

的な内容が回ってきたのですよ。
もちろん当時、中学生な私は純粋に信じて逃げれるようにリュックにペットボトルのお茶を詰めて、何が起こるか分からないからカレンダーの裏に遺書を書いてたよ、びびりすぎ。

日付変わったらすぐに、地震が来ると思ってたスーパー純粋ガールな私は、布団でぬくぬくしつつも、割と仲良かった男友達とメール。もちろん地震の話をする訳で。その男友達が「来るわけないじゃん!大丈夫、俺を信じろ♪」なんて、柄にもない事言うもんだからキュンときてしまった思い出。つーか10年たっても覚えてる辺りが痛々しい。

もちろん地震なんて、くることもなく無事にその日が終了したんだけど、翌日の新聞にデカデカとそのチェーンメールが出回ってた記事が載ってた思い出。カレンダーの裏に書いた遺書は、そっとゴミ箱に捨てた。

俺を信じろとイケメンなメールをくれた彼は、大人としてちゃんと家庭を持っているそうですよ。

そしてそんな私は今日も過去の思い出と退職金にすがり、鼻くそほじって1日が終わったのである(´